よみびと

よみびと第三集

2019年1月31日発行 単行本サイズ

子規・最後の旅 ~前編~

序 正岡 明(正岡子規研究所長、子規末裔)

私が生まれ故郷の阪神間の伊丹市から奈良へ転居してきたのは平成の初めで、もう三十年にもなる。たまたま妻が奈良出身というだけで、私にとっては知人もおらず、ほかに何の縁もない土地であった。阪神間と比べると随分田舎に感じられ、町の店舗も夜 時にはほとんど閉まってしまい、寂しい所へ来てしまったと初めはいささか後悔した。ただ、周辺の自然の素晴らしさには大いに心が動かされた。元々植物が好きでその道に入ったし、最も確かで信じられるものは自然であるという思いがあった。 拙宅はすぐ背後に白毫寺という古刹を控え、高円山の裾野に連なっている。この辺りに天智天皇の第七皇子、志貴皇子の離宮があったと言われている。

高円の野辺の秋萩いたづらに 咲きか散りたむ見る人なしに

悲劇の皇子と言われる志貴皇子を偲んだ万葉集の名歌で、萩の寺として知られる白毫寺の境内にその歌碑がひっそりと据えられている。 その東側に隣接して、春日山原始林が広がっていて、一帯が濃い緑の照葉樹林に覆われている。その御蓋山の頂上に、その昔、茨城県の鹿島神宮から白鹿に乗った神が降臨したという言い伝えがあり、全体が神秘的な神の山として守られている。

〜本誌より一部抜粋

短詩型文学の魅力を伝える俳句短歌作品集

よみびと第弐集

2018年10月31日発行 単行本サイズ

草木雑感
はじめに 正岡 明(正岡子規研究所長、子規末裔)

俳句に於ける季語(季題)は、一体いくつくらいあるのだろう。そのうち植物の占める割合は どれくらいだろう。数えたこともないが、相当な数に上るだろう。我々の身の周りには、野生種 から園芸種、外来種と、膨大な数の植物が存在し、しかも開花する時期がそれぞれ決まっていて、 最も鮮やかに季節を感じさせる詩材だから、当然季語になり易い訳である。 植物にあまり興味がないという人でも、美しい花に全く心動かされない人は少ないと思う。植物の何がそんなに人を引きつけるのだろうか。長年植物に携わってきて、俳句にも関わってきた者として、植物に関する雑感のようなとりとめもない話をしてみようと思う。
〜本誌より一部抜粋

よみびと第壱集

2018年8月31日発行 単行本サイズ

日本の風土と言葉
景観、風景、風土〜正岡 明(正岡子規研究所長、子規末裔)

景観十年、風景百年、風土千年、という言葉がある。景観は十年でできる。逆に、十年で景観は壊れる。時間軸を感じる風景が作られるのには百年かかる。更に、歴史や文化も内包した風土というものは千年の歳月を要すると言われる。 風土とは「風」と「土」、すなわち気候条件と地形条件によって培われたものである。長い歳月 によって形成された風土の中に、独特の文化が熟成される。それでは日本の風土とはどのような ものであろうか。曲がりなりにも景観を作る造園設計という仕事に長年関わってきた者として、 そして季語を中心に置く俳句を嗜んできた者として、また日本人のひとりとして、このことがい つも頭の隅にあったように思うが、ここで少し整理してみたい。
〜本誌より一部抜粋