COLORS OF MIND 3.11「記憶と伝承の色彩展」報告書

会 場 東京芸術劇場Gallery1
会 期 2021年03月11日(木) ~2021年03月13日(土)
後 援 豊島区 福島県 宮城県 岩手県 南相馬市 浪江町 (公財)福島県観光物産交流協会 (公社)宮城県観光連盟 (公財)岩手県観光協会 三陸鉄道株式会社

COM2021.poster

 2011年3月11日に東北を襲い、死者・行方不明者合わせて約2万2千人の犠牲を出した未曾有の災害、東日本大震災から10年が経過しました。 

 一部メディアの調査によると、被害の大きさに反して人々の記憶は既に風化されつつあること、地域によって温度差があること等が顕著になりましたが、これにはコロナ過という人類最大の難局を迎えていることも影響しているようです。

 今回の「記憶と伝承の色彩展」は、震災当日からちょうど10年にあたる2021年3月11日、震災復興に向けて日本全国が一丸となり駆け抜けてきた10年に区切りをつける節目のイベントとして開催致しました。

 説明をするまでもない状況ではございますが、新型コロナウイルス感染症が世界規模で拡がり、人々の命や日常を脅かす日々が続いております。本展の会期中も、政府より発令された緊急事態宣言が解除されないままの開催となってしまいました。

 しかし、実際ふたを開けてみると、予想を大きく上回る来場者を迎えることが出来ました。催事に関する制限や規制が多い中、慎重に準備を進めて来た事が報われた思いです。厳しい状況下にも関わらずご参加頂いた創作者の皆様に対し、イベントの成功をご報告できる喜びを噛み締めております。

 さらに付け加えれば、マスク越しではありますが、多くの人の笑顔に接する収穫もございました。美術や文学の力は、人に笑顔をもたらすことを再認識した次第です。素晴らしい作品をご発表頂いた皆様に、深く御礼申し上げます。

 尚、本展の感染拡大対策につきましては、東京都が設定した「東京都感染拡大防止ガイドライン」の遵守を徹底し、各種衛生設備を設けた中で執り行わせて頂きました。詳細は下記をご覧下さい。

・会場は全出入り口を開放し、場内の換気を心掛けました。

・展示や撤去の作業は手袋着用で行いました。

・会期中は受付に手指消毒・検温・来場時ヒアリングシートの各種感染対策設備を設け、ご来場の皆様にご協力をお願いしました。

・スタッフは常時マスク着用で応対し、また定期的に手指を消毒するなどの対策を心掛けました。

[COLORS OF MIND 3.11 記憶と伝承の色彩展実行委員会]

各展示エリアの解説

Art | アートを通じてメッセージを発信

 国民みらい出版では、東日本大震災が起こった直後より被災地にメッセージを発信する催しを行って参りました。今回はその集大成にして、被災地に様々なかたちでエールを送り続けてきた10年間の総括と位置付け、特にプロジェクトの原点である「メッセージの発信」に力を入れさせて頂きました。

 書道・絵画・写真・テキスタイル(布工芸)・トールペイント・人形・フラワーおよび各種アート・クラフトや図書等の多彩なジャンルを通じて、震災からの10年を振り返る、まさに「記憶と伝承の色彩」と呼べる芸術品に溢れました。

 ご来場の皆様からの反応として、現在のコロナ禍における心身ともに不自由を強いられる生活が「10年前の震災時と重ねて見えた」というご感想や、「作品鑑賞を通じて前向きな心をもらった」というお言葉も印象に残りました。

 Crafts and Poetry | 文学+福島の伝統工芸 魂の共鳴

 過去の復興応援イベントでは、被災地の伝統工芸・伝統産業と詩歌をコラボレーションさせたオリジナル展示物も制作しました。オリジナルグッズの展示は、イベントのアクセントになるばかりか被災地の工芸や産業の活性化にも貢献出来ました。

 その例にもれず、本展でも福島県の伝統工芸である「大堀相馬焼」を用いた俳句・短歌・川柳の展示、「上川崎和紙」を用いた現代詩作品を展示し、伝統工芸および産業と詩歌文学作品のコラボレーションを実現しました。

 現在、新型コロナウイルスの影響で、我が国の伝統工芸全体が打撃を受けております。工芸作品には、震災からの10年、現在のコロナ禍による日々の不安など様々な思いが込められましたが、詩歌文学作者も東北の伝統と工芸職人の思いに引けを取らない秀作を生み出し、魂の共鳴を感じさせてくださいました。

Memorial | 震災復興比較パネル

 会場中央に、震災直後の写真と現在の写真を被災地域ごとに分けて並べ、復興の状況をビジュアル化した大型パネルを展示しました。展覧会のポスターでも使用している背景イラストの悲しげなロウソクが涙を誘う「鎮魂のアート」となり、来場者の心を打ちました。

[震災伝承館およびメモリアル事業の紹介]10年の歳月をかけ東北の復興は成し遂げられつつありますが、原発事故の放射能問題や震災孤児への支援など、長期的に取り組まなくてはならない問題も多く残っています。震災で失われた命、今後に残された課題、そして教訓を忘れないために、本展では東北各地で展開される震災伝承館およびメモリアル事業を紹介したパネルを設置しました。

[ご協力いただいた施設・事業団体]いわき震災伝承みらい館 東日本大震災・原子力災害伝承館 認定特定非営利活動法人 桜ライン311 東日本大震災津波伝承館

 

Kids Art | 東北の子ども美術展

災害に負けることなく、新しい命は芽吹き、育っていきます。そうした未来への希望を感じて頂くべく、福島県の小学校および絵画教室各位にご協力頂き、子ども達の絵を展示しました。

[ご協力いただいた施設各位]

福島市立福島第一小学校 福島市立三河台小学校(福島県福島市) かいがきょうしつリベラ(福島県白河市)

 

Message | 全国から寄せられた励ましの声

 国民みらい出版が震災発生直後より続けて参りました復興応援イベントの集大成と位置付けた本展には、各自治体・公共団体各位からの後援、そして東北ゆかりの著名人の皆様および行政に携わる首長、議員の皆様より多くのメッセージが寄せられました。

[メッセージのご提供]俳優/梅沢富美男 俳優/佐藤B作 俳優・歌手/中村雅俊 脚本家・監督・俳優/宮藤官九郎 俳優・タレント/なすび プロフィギュアスケーター/荒川静香 お笑い芸人/ウド鈴木 お笑い芸人/テツandトモ 豊島区長/高野之夫 福島県知事/内堀雅雄 福島市長/木幡浩 郡山市長 (市長選のため無記名) いわき市長/清水敏男 南相馬市長/門馬和夫 浪江町長/吉田数博 宮城県知事/村井嘉浩 仙台市長/郡和子 石巻市長/亀山紘 東松島市長/渥美巖 気仙沼市長/菅原茂 南三陸町長/佐藤仁 女川町長/須田善明 岩手県知事/達増拓也 大船渡市長/戸田公明 盛岡市長/谷藤裕明(電報・郵便でのご送付 参議院議員/若松謙維 衆議院議員/根本匠)※順不同・敬称略

[東北の物産を買って応援 都内アンテナショップ紹介店舗]日本橋ふくしま館 宮城ふるさと館 いわて銀座プラザ