やすらぎ謹呈プロジェクト

やすらぎ謹呈プロジェクトとは、一人でも多くの方々の命と健康を守るために最前線で働いて下さっている医療従事者の皆様へ応援メッセージや品物を寄贈させて頂くことで感謝の気持ちを伝える事業で、「やすらぎの提供」を目的としております。
国民みらい出版では、医療従事者に感謝を込めた芸術作品を緑茶缶ラベルに起用し、病院を始め医療関係者に寄贈させて頂きました。

●銘茶芸術ラベルについて
国民みらい出版では、医療の最前線において、治療と感染予防にご尽力されている医療従事者の方々へささやかな応援をさせて頂くプロジェクトをコロナ禍に実施致しましたのでご報告致します。
芸術関係者に出来ることは限られておりますが、「ひとときの安らぎ」であれば提供できるのではないかとの考えから、高級銘茶を謹呈させて頂きました。中でも緑茶は、心と身体を落ち着かせる飲料として古来より楽しまれて来ました。近年ではダイエット、血圧・血糖値の抑制、抗菌、抗ウイルス効果が注目され、新生ニューロンの量を増やし、学習・記憶力を高める効果があることも知られています。
今回のプロジェクトは、芸術作品、創作物を銘茶のラベルに起用し、芸術家・創作者の側から応援させて頂きました。
ひとときの休息時間、ラベルに起用された芸術作品と共に健康効果の高い緑茶を召し上がって頂くことで、新型コロナウイルス感染症終息に向けた闘いをサポートさせて頂きたいという思いを込めました。
銘茶芸術ラベルにご協力頂いた楽山は、昭和34年創業、農林水産大臣賞を受賞したお茶「都の華」等を販売する東京・神楽坂の銘店で、神楽坂の他、飯田橋駅にもテナントを構えています。